電子会計では、実際の会計ソフトPCA会計DXというソフトを使用して、
伝票の種類 ・ 伝票の入力から各種帳票の作成のしかた、データの集計方法などを学びます。

電子会計実務検定試験につきましては、現場での電子会計実務に直結した構成となっています。
最近では、企業さんで手書きの伝票を使われているところはまれで、ほとんどの事業所では会計ソフトを使用されています。
ですので、習得した知識と技術は、そのまま実務でいかすことができます。